女 髭剃り

女性が髭剃りをする前に知っておかないとヤバいこと・・・

女性なら誰しもが気になる顔の産毛。
中でも最も気になってしまうのが鼻下、口周りの産毛ですよね。

 

男性のように太くて硬い髭が生えるわけではありませんが、
鼻下、口周りの産毛を放っておくと、まるで髭が生えているかのように
口周りがうっすら黒くなってしまいますよね。

 

 

「あの女、ひげが生えている!!」

 

 

と人からから思われてしまったら最悪ですよね。
女としてのプライドはズタズタ、陰で何を言われるか分かりません。

 

顔の産毛、特にひげのように見える口周り、鼻下の産毛が気になっているのであれば、
カミソリで剃ってしまえば手っ取り早いですが、カミソリで髭を剃るのは注意が必要です!

 

カミソリで”髭”を剃ることで、人によっては
以下のような症状が現れる可能性があるからです。

 

  • 剃ったひげが余計に濃くなる
  • 剃ると産毛の生えるスピードが早くなる
  • カミソリ負けで肌が荒れる、赤く炎症を起こす
  • 刺激を与えたことで色素が沈着し、皮膚が黒ずんでくる
  • 毛穴そのものが広がってくる

 

剃った直後はなくなったように見える女性のひげですが、
カミソリで毛を剃ることで毛の断面が太くなり、次回生えてくる毛が太くなってしまうことがあります。

 

また、肌に刺激を与えたことで毛の生えるスピードが早くなったり、
刺激による炎症で肌が荒れたり、赤く炎症を起こしてしまうこともあります。

 

肌荒れ、炎症が続けば色素が沈着してしまい、皮膚そのものが黒ずんでしまうこともあるのです。

 

 

鼻下の皮膚が黒ずんでしまえば本末転倒です。
黒ずみによって余計にひげが生えているかのように見えてしまいます。

女性が髭剃り前に行うべきこと・・・

 

「それじゃあ、カミソリで剃ったらダメってこと!?」

 

と思った人もいると思いますが、そういうことではありません。
気になる産毛、髭のような口周り、鼻下の毛を手っ取り早く剃るには、カミソリで剃るのが一番です。
気になる産毛はカミソリで剃っていいのです。

 

 

ですが、

 

 

カミソリで毛を剃ると同時に行うべきなのが、「Noisu ノイス」でのケアなのです。
「Noisu ノイス」は”女性のひげ”対策スキンケアクリームです。

 

 

女性の髭(ひげ)用スキンケアクリーム

「Noisu ノイス」

 

 

 

「Noisu ノイス」による女性の髭対策、スキンケアを行うことで、
カミソリ処理による肌荒れ、炎症、色素沈着や黒ずみを抑えることができ、
さらに、ひげのように見える産毛そのものが生えてこなくなるのです。

 

”女性の髭(ひげ)”というのは、女性の体内における男性ホルモンの影響を多少なりとも受けています。
女性の体内には女性ホルモンと男性ホルモンが流れているのですが、
ホルモンバランスの崩れにより、男性ホルモンが優位になると女性の体毛は濃くなるのです。

 

体毛が濃くなるということは、当然ながら口周り、鼻下の毛も濃くなるということ。
ホルモンバランスの崩れを整えない限り、”女性のひげ”はどんどん濃くなっていくのです。

 

「Noisuノイス」には、女性ホルモンと同じような働きのある3つのダイズ成分、
さらにはザクロエキス、プエラリエアエキスが配合されているため、崩れたホルモンバランスを整え、
女性ホルモン優位の状態へ導く効果があるのです。

 

Noisuを使用していくうちに、髭のように見えていた鼻下の産毛そのものが生えてこなくなり、
いずれカミソリが必要なくなる状態へと導いてくれるのです。

 

 

そして、

 

 

肌に優しい植物由来成分を配合したフェリニーブや毛穴引き締め効果のある成分、
ヒアルロン酸やコラーゲンによる保湿効果、ビタミンC誘導体やヒナギク花エキスによる美肌効果によって、
肌荒れや炎症、色素沈着を防ぎ、潤いのある滑らかな肌へと導いてくれるのです。

 

ひげの処理するためにカミソリで産毛を剃るのは問題ありませんが、
カミソリだけで髭剃りするのと、Noisuを使用しなばら髭剃りをするのとでは、
後あと、天と地ほどの違いが出る可能性があるということです。

 

 

カミソリだけで髭剃りをする
  • 余計にひげが濃くなる、黒くなる可能性がある。

 

 

Noisuを使用しながらカミソリで髭剃りする
  • 時間の経過と共にひげが薄くなり、見た目も綺麗な肌になる。
  • 最終的にはカミソリで処理しなくてもいい状態になる。

 

 

ひげのように見える産毛を、今すぐなくしたい気持ちは女性なら誰しも同じです。
今すぐなくすためには、カミソリで剃って問題ありません。

 

 

ですが、

 

 

面倒臭がらずに日々Noisuを使用しながらカミソリで髭剃りするのと、
カミソリだけで髭剃りするのでは、後になって大きな違いが表れるということです。
ひげのない、綺麗な肌を目指すのであれば、Noisuを使用しながら処理していくべきですよ!

 

 

 

女性の髭(ひげ)用スキンケアクリーム

「Noisu ノイス」

 

女子の”ひげ”は意外と見られている!!

私が口周りのひげが目に付くようになったのは、
大学を卒業して社会人になったばかりの22歳頃だったでしょうか。

 

特に鼻の下あたりの毛が、頬の産毛とは明らかに違って、黒く、長いものが生えていました。
とは言っても長くなった程度で鏡で近づいて見ないと気付かない程度で、
日が経つごとに露骨に伸びてくる、というものではありませんでした。

 

当時は美容に疎かったのもあり、女子にひげなんて生えるわけない!
これは問題ない産毛!と判断し、そのまま放置していました。

 

しかし数ヵ月後、付き合いはじめたばかりの大好きな彼氏と外でデートをしていた時に悲劇が起きました。
彼がふいに顔を近づけてきて、キスされる!?
とドキドキしたのも束の間、「…ひげ生えてるよ。」と衝撃の一言。

 

少女漫画のようにずっこけそうになりました…。
男の人ってこっちが油断している場所こそ意外とよく見ているんですね。
やっぱりあのひげはアウトだったか!と、女子として大ショックを受けました。

 

帰宅後、慌ててひげを剃ろうと思ったものの、専用の道具などなかったので、
とりあえず目に付いた父の電動カミソリで適当に剃ってみました。

 

はじめて剃った時は、肌がワントーン明るくなったように見えて嬉しかったのを覚えています。
道具を買うのも面倒なので、しばらくは父のカミソリをそのまま使い、
そんな状況でも女子力アップしたわー、と満足していました。

 

しかし社会人生活を送るうちにメイクにも慣れ、美容にも興味が湧いてくるにつれて、
もっとちゃんとケアしたい!と思うようになりました。
男性用のひげ剃りは大きくて鼻の下を細かく剃る事ができず、
しかも敏感肌の私には刺激が強く、剃った後は何時間も鼻の下が赤くなってしまっていたのです。

 

自分なりにネットで道具を調べたりして、クリームや電動シェーバーなども試しましたが、
結局オーソドックスなフェイス用剃刀でのケアに落ち着きました。
100円均一で買えるようなシンプルな剃刀で剃るだけですが、お風呂で洗顔する際に行うもので乾燥しにくく、
自分の手で力を調整しながら剃れるので赤くなったりすることもなくなりました。
今はNoisuも塗ってケアしながら、剃刀で剃っています。

 

ケアがちょっと面倒な時もありますが、ひげを剃れば顔が明るく見えてお化粧のりも良くなるし、
男性からも見られている部分だと身を持って知っているので、これからもひげのケアを続けていきたいと思います。

初めて口周りの産毛を処理したが傷だらけに・・・

私が顔の産毛を気にして初めて自分で処理をした時期は、中学生の頃と記憶しています。
それまでは、たまに母が剃刀で眉毛と一緒に処理をしてくれていました。

 

ある日、友人達との話題で手足のムダ毛処理や顔の産毛の話になり、
初めて皆が自分で処理をしていることを知りました。
そこで自分もやってみようと、母の留守中に母の剃刀を取り出すと、
それで膝下と口周りの産毛を切ろうと試したのですが、結果傷だらけになる羽目になりました。

 

コールドクリームを塗り、その上から剃刀を滑らせたのですが、I字型の剃刀を初めて使う私は、
途中で刃先を立てたり、刃の角を肌にひっかけてしまったのです。
口周りは唇の角あたりがヒリヒリとなり、しかも同じI字剃刀で膝下も処理したので、
膝下は血が流れてしまいました。

 

今考えると、母の剃刀は使い古しで切れにくく、ガードもない初心者には向かない物だったのだと思います。
私はこのことが切っ掛けでI字剃刀が苦手になり、その後一度も使っていません。

 

剃刀で切ったせいか、膝下のムダ毛と口周りや顎のひげは濃くなってしまったように見え、
以前よりも目立つようになってしまいました。
顔に黒くて硬いひげがちょこちょこと出ていると恥ずかしくなります。

 

あまりに硬いひげなので、男性用のシェーバーで剃れるのではないかと、
勝手に父親の電動シェーバーを当てたこともありました。
しかしさすがに男性のひげとは違うらしく剃れず、そこでようやく
女性の顔用シェーバーを購入して使うようになったのでした。

 

顔用のシェーバーは眉毛を整え、顔全体の産毛を処理できるもので、
とても手軽で使いやすく、肌を切ることもありません。
外出前に気になったひげだけをさっと切ることもでき長く愛用しています。
それでも満足できなかった私は、二十代で婚活を始めた頃に
脱毛サロンで膝下と脇を脱毛した際、口周りもお願いすることにしました。

 

その脱毛サロンでは、気になる箇所を自由に選び通い放題で永久脱毛できるとのことでした。
私のムダ毛はどこも濃く、短期間では無理だと思っていたので、
納得いくまで通うこができる所が望ましかったのです。

 

サロンでの脱毛はIPL脱毛と呼ばれるもので、光を照射してメラニン色素を変化させます。
口周りは目にタオルをかけて行いますが、私は眩しくてタオルを二重にしてもらっていました。

 

痛みは照射時にピリッとする程度で、施術後も問題は起きませんでした。
私の膝下や脇は一年以上通いツルツルになりましたが、口周りは後から契約したこともあり、
四回施術した位では変化は見られません。

 

サロンでは、顔は毛も細く光への反応が弱いので、他の部位よりも時間がかかるとの説明を受けました。
その後、結婚、妊娠したために口周りは途中で断念。
今は以前のように女性の顔用シェーバーで処理をしています。